おすすめ本 本記事ではPRを含む場合があります

朝1分で始める: 幸せな時間を増やす朝習慣とは?

朝1分で始める: 幸せな時間を増やす朝習慣とは?

朝の時間じゃな、多くの人がせわしなく過ごしておる。

だがのう、せかせかと過ごさなくてもよい日には、のんびりと時間を過ごすことも必要じゃろう。

わしの若き日にも、朝のだらしなさにしばしば手を焼いたもんじゃ。ぐぬぬぬぬ。

会社を立ち上げたばかりのころは、社内ミーティングに遅れたって、特に叱られることもなくてのう、それがなまけ心を育ててしまったんじゃ。

けれども、いくら環境が許しても、経営者として、一人の人間として、怠けてはおれんのじゃ。

常に自分を律する心を持ち続けねばならんと、わしは思っておった。

そんな折、「ハワイで見つけたあるノート」が、自分自身への問いかけを変えたんじゃ。

仕事においては、タスクの優先順位をしっかりとつけることが肝要じゃが、自分の心の状態を見落としてはならん

毎朝、「いま、どんな気持ちか」を自問することで、その日の自分を見極め、何をすべきか、何をすべきでないかを決めるのじゃ。

これが自分を客観視し、心を穏やかに保つ方法じゃろう。

プラチナタイムの重要性

プラチナタイムの重要性

目覚めた瞬間のことを「プラチナタイム」と呼ぶんじゃ。

その貴重な時間にスマホを見てしまうと、つい他人とのつながりに気を取られてしまい、朝から心にもやもやしたり、せっぱつまった気持ちになってしまう

それじゃあ、脳がすっきり目覚めることもなく、1日の始まりが台無しになるかもしれん。

わしは思うのじゃ。

目覚めてすぐは、外の世界に気を取られるのではなく、自分自身との対話を大切にすべきじゃないかと

心がどのように動いているのか、じっくりと感じ取る時間じゃ。

スマホが発するブルーライトによる睡眠の質の低下も科学的に証明されておるし、寝室からスマホを追い出すことが、朝の貴重な時間を守る方法といえるじゃろう。

自分の内面に目を向けることで、その日1日をポジティブに過ごすための基盤が作られるんじゃ。

朝のスマートフォンの影響

朝のスマートフォンの影響

朝起きた時にすぐスマホを見るのは、実はその日の心持ちを下向きにしてしまう原因じゃ。

そうじゃなくて、その時間を使って今日一日の楽しみを思い描くのがええ。

たとえば、長い会議や苦手な人との面会が控えていても、「それを終えた後に自分を労わる時間を持つ」と考えると、心がずいぶん軽くなるもんじゃ。

わしは考えるんじゃが、人生の幸福度ってのは、朝の過ごし方で大きく変わってくる

研究によれば、朝型の人はより多くのポジティブな感情を抱くそうじゃ。それゆえ、

朝の時間をいかに有意義に過ごすかが、充実した一日、そして充実した人生を送るための鍵となるんじゃな。

早起きが健康に良いとは言うけれども、それよりも起きてからの「何をするか」がもっと重要じゃろう。

朝の時間の過ごし方の重要性

朝の時間の過ごし方の重要性

朝起きたときに、何をすれば心が満たされるか、それが分からん人が多いと思うんじゃ。

わしの提案じゃが、まずは自分自身に問いかけてみるのが良いだろう。「朝、何をすれば心が喜ぶか」との。

それが

  • 一杯の香り高いコーヒーか
  • それとも新鮮な空気の中でのストレッチか
  • はたまた焼き立てのパンを味わうことか

それは人それぞれ違うものじゃ。

わしの場合はね、朝の海での泳ぎが一日を清々しくスタートさせる源じゃ。

太陽の光を浴びるとセロトニンが分泌されて心も体も元気になるからのう

わしのように、自分にとってのしあわせを見つけ出して、それを毎朝の習慣にするんじゃ。

そうすることで、毎日を充実させ、人生に色彩を加えることができるじゃろう。

朝一番に自分が喜ぶことをする、これが人生を豊かにする秘訣じゃな。

早起きと健康リスク

早起きと健康リスク

けども、早起きがすべての人に合うわけではないという研究結果があるのじゃ。

例えば、イギリスのオックスフォード大学では、無理に早起きすることが健康リスクを高めることが明らかにされておる。

自分の自然なリズムを無視して早起きをすると、体内時計が狂い、健康を害する可能性があるんじゃ。

わしは思うのじゃけど、自分が心地良いと感じることを朝一番にすることが大切じゃ。

例えば、美味しいものを食べたり、読書をしたり、身体を動かすことじゃな。

それを朝に行うことで、心も体もリフレッシュされ、1日がより生産的に、そして幸せに過ごせるのじゃ。

大切なのは、「自分が何をすれば幸せを感じるか」ということを自分自身で理解することじゃ。

そしてそれを毎朝のルーティンにする。

これが、自分自身を満足させ、ポジティブな気持ちで1日を始めるための秘訣じゃろう。

無理な早起きはせず、自分にとって最適な朝の過ごし方を見つけることが、健康で幸せな生活への道じゃ

コミュニケーションの変遷と時間の価値

コミュニケーションの変遷と時間の価値

昔と違って、今では「飲みニケーション」などと言って、お酒を交えたコミュニケーションを重んじることも少なくなってきたじゃろ?

わしが若かった頃は、仕事とは名ばかりで飲み会や会合が仕事の一部とされておったが、わしはそれが時間の無駄だと感じておったんじゃ。

わしはいつも思うんじゃ。

「何をすれば最も効果的か」ということを自分に問い続けることが、生産性を高める秘訣じゃなかろうかと。

ただ忙しく動くだけではなく、自分の行動が実際に結果につながるかを常に考えながら行動する。それによって、仕事の質も上がり、自由な時間も増えてくる

この自由な時間があるからこそ、新しいアイデアも生まれやすくなるんじゃ。

人は生産性を高めることで、自らの人生を豊かにすることができる。

ただ時間を費やすのではなく、その時間をいかに有効に使うかが重要じゃ

それが、結局は自分自身の人生をより自由で、より豊かにするとわしは考えておるんじゃ。

自己問答の重要性と生産性

自己問答の重要性と生産性

自分自身に問うことの大切さを、わしはよく知っておる。

しなくてもいいことはせんでよい。

これが生産性を高めるための鍵じゃ。

どんなに小さなことでも、自分にとって本当に重要なことは何かを自分自身に問い続けることで、無駄な行動を省き、大事なことに集中できるようになるんじゃ

仕事の生産性を上げると言うと難しそうに聞こえるが、実は単純なことじゃ。

何をすべきかではなく、何をすべきでないかを知ることが肝要じゃ。

それによって、本当に大切なタスクに焦点を合わせることができ、結果として1日の生産性が格段に上がるのじゃ。

毎日、「今日、絶対にやらなければならないことは何か」と自分に問いかけること。

それができれば、無駄なことは自然と排除され、生産性のない状態を防ぐことができるんじゃ。

それがわしの考える生産性を高める仕事の知恵じゃな。

ポジティブな先延ばしの効能

ポジティブな先延ばしの効能

わしの経験から言わせてもらえば、毎日山のようにタスクがあるというのは、よくあることじゃ。

特に忙しいビジネスパーソンは、どのタスクも重要に感じてしまうが、実際はすべてを一日でこなすことはできんのじゃ。

大事なのは、「最優先すべきタスクは何か」ということを見極めることじゃ。

わしの若かった頃、教授が教えてくれた「明日できることは、明日やろう」という言葉は、今でもわしの行動指針となっておる。これはポジティブな先延ばしというわけじゃ。

すべてを今日中に完璧にやろうとせずに、実際に今日やらなければならないことに集中する。それによって、大事なタスクにしっかりと取り組むことができるんじゃ。

わしはいつも言うんじゃが、

「明日でいいことは、明日やろう」。

これによって、今日を最も有効に生きることができるのじゃ。

まとめと展望

まとめだが、朝の時間をどう過ごすかが、一日の質と人生の充実度を左右するんじゃ。

わしの経験から言わせてもらうと、朝の「プラチナタイム」を大切にし、無駄なことはせず、自分にとって重要なことに集中することが肝要じゃ。

自己対話で心の状態を見極め、自分にとっての幸せを見つけ出し、それを毎朝の習慣にする

また、生産性を高めて自由な時間を作り出すには、自分にとって最も価値のある行動にフォーカスすることが重要じゃな。

そして、無理な早起きはせず、自分に合った朝のリズムを見つけることが、長期的な幸福と健康への鍵と言えるじゃろう。

これらの知見をもっと深めたいと感じたお前さんなら、「朝1分間、30の習慣。ゆううつでムダな時間が減り、しあわせな時間が増えるコツ」という本を手に取ってみるとよいぞ。

この本には、朝の時間を最大限に活用するための具体的な方法が満載されておるからのう。

読めば、きっとお前さんの毎日がより豊かに、よりしあわせになるヒントが見つかるはずじゃよ。